設備紹介|福岡県糟屋郡の歯医者

設備紹介

最新の設備で高い水準の歯科医療を提供

デンタルCT

デンタルCTは、今までのレントゲン撮影では得られなかった一人ひとりの異なるお口の状態を三次元的に細かく診断できます。

これにより、さらに精度の高いインプラント治療が可能になりました。インプラント治療の他にも、親知らずの詳しい位置や根の先に出来た病巣の精査、歯周病の進行具合の確認などに使用し、正確な情報をお伝えする事ができます。また、デンタルCTの被爆量は、従来の医科用CTよりも軽減されていますので安心、且つ短時間で撮影ができます。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、歯を拡大してみることの出来る実体顕微鏡のことです。使用することで肉眼の24倍程度に拡大して見ることができます。

肉眼では見ることの出来ない歯の細かい凹凸や、隠れた根管、補綴物のフィットの状態など様々なことが分かるので、より精密な治療を行うことが出来るようになります。また、マイクロスコープで見た映像をモニターに写して患者様に説明できるため、深く理解していただくこともできます。

セレック

セレックとは、コンピューターシステムによって、患者様の固有の歯の形をセラミック(陶器材料)によって復元します。様々な歯の色に対応し、隣接の歯に良く馴染むため審美性に優れ、噛み心地なども天然歯に近い自然な詰め物、被せ物を作成します。

また、金属アレルギーの心配がなく、変色や磨耗が少なく優れた耐久性を誇ります。詰め物や被せ物をその場で設計・加工し、仮歯不要で衛生的で、症例によって異なりますが、通院1回での治療も可能です。

ページトップへ戻る