歯周病|福岡県糟屋郡の歯医者

歯周病

歯周病とは

歯周病は、広く蔓延している病気で歯茎が腫れる歯肉炎が進行したころから自覚症状が現れはじめ、やがては歯を支える顎の骨が溶かされていきます。歯肉炎の段階であれば、プラークや歯石を落として正しいブラッシングを行うことで、歯茎の健康回復に期待できますが、中症度から重症度にまで進行した歯周病では、さまざまな治療が必要となります。

歯周病の原因

歯周病の原因は、食後のブラッシングを怠るなど、口腔ケアが不十分なことからプラークや歯石をためてしまい、発症します。
歯茎に付着したプラーク(歯垢)の中の歯周病の原因菌が歯周ポケット(歯と歯ぐきの深い溝)に入り込み、毒素を排出して、歯茎に炎症を起こします。そのまま放置すると歯茎だけでなく、歯を支える顎の骨が溶かされていき、やがて歯が抜け落ちてしまうリスクを負います。

歯周病の治療方法

  • ブラッシング指導

    効率よく汚れを落とすために一人ひとりの患者様に合ったブラッシング方法をアドバイスいたします。

  • スケーリング

    スケーラーなどを用いて毎日のブラッシングでは落としきれないプラークや歯石を除去します。

  • SRP

    プラークや歯石を取り除き、仕上げに歯根面をなめらかに磨いて、汚れの再付着を防ぎます。

予防メンテナンス

歯周病は、再発リスクのある病気です。治療をしたからといって油断してはいけません。治療後は日々のセルフケアと歯科医院での定期的な予防メンテナンスをおすすめします。歯を長持ちさせるために、常に健康な口腔内環境を保つようにしていきましょう。

ページトップへ戻る