究極のMI治療|福岡県糟屋郡の歯医者

症例紹介

究極のMI治療

誰しも自分の健康な歯を不必要に削られたくないものです。

しかしむし歯の進行があるレベルをこえた場合、予防処置ではその進行を止められないため、やはり削ってその部分を人工物で修復する必要があります。

MI治療とは同じ治療結果であれば、できるだけ低侵襲性の処置(歯質を削らない)を選択する治療法です。

その究極の治療方法とはナノコンポジットレジン(保険適応外材料)を応用した治療です。

『治療前』

『治療前』一見それ程大きくなさそうなむし歯ですが・・

一見それ程大きくなさそうなむし歯ですが・・

むし歯菌に感染した歯質を除去すると、こんなに大きな穴になります。

むし歯菌に感染した歯質を除去すると、こんなに大きな穴になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『もしこれを従来の保険診療で治療すると・・』

保険適応診療で最も信頼性のある治療法を選択すると、このような金属を使用したインレー修復となります。むし歯を取り除いた状態よりも、さらに大きく歯を削る必要があります。

保険適応診療で最も信頼性のある治療法を選択すると、このような金属を使用したインレー修復となります。むし歯を取り除いた状態よりも、さらに大きく歯を削る必要があります。

?

『治療後』

治療後 最新のナノフィラーコンポジットレジンを応用すると、それ以上の歯質を削ることなく、しかもどこが詰め物か専門家でもわからないような治療結果が実現できます。究極のMI審美治療といえます。

最新のナノフィラーコンポジットレジンを応用すると、それ以上の歯質を削ることなく、しかもどこが詰め物か専門家でもわからないような治療結果が実現できます。究極のMI審美治療といえます。

 

 

ページトップへ戻る