オールセラミックスクラウン(製作:石三晃一氏)|福岡県糟屋郡の歯医者

症例紹介

オールセラミックスクラウン(製作:石三晃一氏)

ライズ(株)の石三晃一氏によるオールセラミックスクラウンです。

日本のトップセラミストの手にかかると、それはもう芸術ともいうべき領域です!

『治療前』

DSC_0051

向かって右の前歯は神経の死んでる歯(失活歯)で、かなり黒ずんでいます。

 

『治療後』

ジルコニアフレームのオールセラミックスクラウンで治療しました。左側の歯と比べても、どちらが天然の歯が全く見分けがつきません。

ジルコニアフレームのオールセラミックスクラウンで治療しました。左側の歯と比べても、どちらが天然の歯が全く見分けがつきません。

『治療後』

DSC_0011

この患者さんは歯茎が笑ったときに見えるのが

気になるということだったので、

歯肉切除術を行っています。

 

ページトップへ戻る