Bespokeの|福岡県糟屋郡の歯医者

ブログ

Bespokeの

こんにちは。

歯科衛生士の蒲原です☺️

 

今日は久しぶりに症例を紹介させていただきます。

 

写真は50代男性(患者様の了解を得ています。)

柔らかな雰囲気の奥に、芯の強さを感じる方で

私がコンサルをさせていただいた中でも、インパクトの強い症例です。

Before

前歯の審美改善を御希望

見かけの問題点をわかりやすく言うと,

中央の前歯と両方の犬歯の手前が空いています。

空いている部分にレジンを詰めて、隙間を封鎖すれば美しくなるのか❓

答えは残念ながらNOです😭

このケースの場合、詰めた歯だけが横広く不恰好な形になり、悪目立ちします。

患者様の御希望とご予算を細かくヒヤリングした結果、

前歯6本全てに手を施し、自然で美しいバランスを目指すことになりました。

After

患者様も大変喜んでくださり、

院長のファンになってくださいました💓

皆様はどこに手を加えたかわかりますか❓

中央の歯と犬歯は、院長の代名詞でもあるダイレクトボンディングを施し(模型のグレーの箇所)、

中央の歯の両隣の歯はオールセラミックスを被せています。

〜上記の症例は自費治療になります〜

 

タイトルにありますビスポークの語源は be spoke

顧客とテーラーが「話をしながら」注文を受け服を仕立ていくことから、そう表現されるようになったそうです。

皆様のお悩みや御希望に寄り添った

Bespokeの治療は当院までご相談ください☺️

ページトップへ戻る