ダイレクトボンディング①(正中離開編)|福岡県糟屋郡の歯医者

ブログ

ダイレクトボンディング①(正中離開編)

皆さま、こんにちは。
歯科衛生士の蒲原です☺️
今日は院長の代名詞でもある「ダイレクトボンディング」の症例写真を紹介させていただきます。
私は院長の美しいダイレクトボンディングの写真が大好きで、ひじや歯科に飛び込んできた経緯があります。(それは6年前のこと…)
今回ご紹介するのは、正中離開(前歯の隙間)を改善したケースです。
naturalに見えるこの前歯の写真。
実はunnatural
治療前はこのような前歯です。
治療過程↓↓↓
歯の特徴を読み取った後事前に作製したテンプレートを使用し何層も色を重ね透明性の高いエリアを×××(複雑過ぎて以下省略😇)
前歯の隙間、実は1ミリ以下でも侮れません。
大変外見の印象に関わります。
私も矯正していた時、2週間ほど前歯がすきっ歯になった時がありましたが、別人になりました…。
【CASE2】
Before
After
【CASE3】
Before
After
👍!!!
ひじや歯科のダイレクトボンディングは
対象となる歯の内部構造を読み取り、
形態、色調、透明度、表面性状、ステインまで再現します。
正中離開のダイレクトボンディングはスマイルの印象が大きく変わりますので、
非常に患者さまの満足度の高い治療です。
前歯の隙間でお悩みの方はご相談ください。
(※ダイレクトボンディングは保険外診療になります。)

ページトップへ戻る